福岡のトリミングサロン|犬・猫の炭酸泉スパ・アーユルヴェーダ・カラーリング・フットケア

ご予約・お問い合わせ

HOMEHOMEサロン案内サロン案内メニュー&料金メニュー&料金炭酸泉スパ炭酸泉スパトリートメントトリートメント猫のトリミング猫のトリミング

ペットコラム

ペットコラム

寒さ対策


犬は人間よりも体温が高く、その分寒さに耐性があります。しかし種類や年齢によってはそうとも言い切れません。その子にあった寒さ対策をしてあげることが大切です。

毛量の少ない子や、毛が短い子、室内外の犬は外気の寒さに慣れていないため、体温調節が上手ではない場合があります。また、仔犬や老犬、病気にかかっている子も気にかけてあげる必要があります。

≪室内飼いの場合≫

◎24時間暖房をつけているのであれば必要はありませんが、暖房をつけていない時やお留守番の間はケージの中に毛布を入れたり、ケージの上から毛布を覆いかぶせたりして対策を取りましょう。

犬用のヒーターを設置するのも良いでしょう。
注意点は犬がヒーターのない場所に自由に移動できるように設置することです。
コードをかじらない工夫もしておきましょう。

お散歩に出かけるときは、暖かい室内から寒い屋外に出ることになるので、急激な温度変化に犬の体が驚いてしまう可能性があります。
寒さに弱い子は洋服を着せてあげましょう。
また、お散歩から帰って暖かい屋内へ入る時は、運動して体温も上がっているので洋服は脱がせてあげましょう。

≪屋外飼いの場合≫

◎犬小屋を日当たりの良い場所に設置し、暖かい布を敷いてあげましょう。
隙間風のない様に、不安なところは布や木で塞ぎましょう。
 
◎犬用の湯たんぽ等のグッズも上手く活用しましょう。

◎あまりに寒い日は屋内に入れてあげましょう。

◎食事も屋外で飼育している場合は少し量を増やしてあげましょう。 


グッズ等は相性もあると思いますので、その子に1番合った対策を考えてあげましょう。
快適な環境を整えてあげて、寒い冬を一緒に乗り切りましょう。

【Back number】