福岡のトリミングサロン|犬・猫の炭酸泉スパ・アーユルヴェーダ・カラーリング・フットケア

ご予約・お問い合わせ

HOMEHOMEサロン案内サロン案内メニュー&料金メニュー&料金炭酸泉スパ炭酸泉スパトリートメントトリートメント猫のトリミング猫のトリミング

ペットコラム

ペットコラム

フィラリア虫のライフサイクル

皆様暖かくなったら始まるフィラリア予防はされていますか?
フィラリアに感染するとワンちゃんは命に関わってきます。

今回はフィラリアがワンちゃんに感染するまでのライフサイクルをご紹介します。

犬フィラリアを持っている蚊に刺されることで、フィラリアの幼虫が犬の体内に侵入します。
幼虫は筋肉や脂肪の周りで生活しながら2回脱皮し、感染後6カ月程度で完全な成虫になります。

成虫になったフィラリアは細い血管内に侵入して心臓や肺動脈に移動し、そこを最終寄生場所にします。
最終寄生場所にたどり着いた成虫のうち、メスはオスと出会って交尾をし、死ぬまで毎日ミクロフィラリアという子どもを生み続けます。

しかし、ミクロフィラリアは犬の血中では成長できないため、ミクロフィラリアのまま血流にのって身体中を循環します。2年くらい経つと自然に寿命を迎えるので、それまでの間は血液の中で、蚊に吸血されるのをひたすら待ちます。

そして感染した犬が再び蚊に吸血されたときに、ミクロフィラリアは血液と一緒に蚊の体内に入り込み、蚊の体内で幼虫に成長します。そして再び蚊が犬を吸血した際に、犬の体内に寄生するのです。簡単に他のワンちゃんにも感染してしまう恐ろしい病気です。

薬による駆虫がされなければ、さらなる感染により成虫はどんどん増えます。
増え過ぎた成虫は肺動脈に収まりきれなくなり、心臓の右心室にたまって、よく見られる標本のような心臓にびっしり集った状態となります。大量の成虫を抱えた犬は心肺の働きを阻害され、さまざまな合併症を起こして死に至ります。

この死に至るまでの期間が8年未満、昔は予防されている方が少なかったため平均寿命がこのくらいでした。

フィラリアの慢性症状として以下のようなものがあります。

・咳をする
・食欲がない、やせてくる
・疲れやすくなる、あそびたがらない
・歩いている最中に失神する
・貧血や呼吸困難をおこす、腹水がたまる


フィラリアは毎月しっかり駆除してあげれば防げる病気です!!
ワンちゃんのため!めんどうくさがらずしっかり予防してあげてくださいね。

【Back number】