福岡のトリミングサロン|犬・猫の炭酸泉スパ・アーユルヴェーダ・カラーリング・フットケア

ご予約・お問い合わせ

HOMEHOMEサロン案内サロン案内メニュー&料金メニュー&料金炭酸泉スパ炭酸泉スパトリートメントトリートメント猫のトリミング猫のトリミング

ペットコラム

ペットコラム

冬場の乾燥について

12月に入り寒くなってきて、私たち人も乾燥がきになると思いますが、実はわんちゃん・ねこちゃんも今の寒い時期乾燥してしまいます。乾燥しやすい場所といえば、皮膚や肉球になります。
乾燥の原因やお手入れの仕方をご紹介します。

●肉球

よく表面がカサカサしたりひびが割れているわんちゃんがいますが、これは空気が冷えて血行が悪くなってしまうとこういった症状が出ます。
この状態がひどくなると、痛みがでてしまい歩くのを嫌がってしまう原因でもあります。
なので、保湿クリームやオイルをお散歩前後に塗ってマッサージをしてあげると効果があります。 

●皮膚

皮ふがカサカサしたり、寒い時期になるとフケが出てしまうという子は、これも乾燥が原因だったりします。フケは角質細胞がはがれたものになります。その表面が薄くなりすぎると少しの刺激にも弱くなり、痒み・痛み・掻く・噛む・舐めるといった原因になり皮膚を傷つけて悪化させてしまいます。
こうならないためにも、適度なシャンプーと飼い主さんもお家で手軽にできるブラッシングが必要になります。シャンプーによって垢・汚れを除去してあげることは、新陳代謝を促します。
ブラッシングは、季節問わずすることが大事になります。被毛の中に空気の層ができこれが保湿効果をもたらします。散歩後など決まった時間帯にするといいでしょう。

 

●毛がからみやすい犬種

ダブルコートのわんちゃんは下毛も多く、毛が密なので毛玉になりやすいです。これがひどくなると、皮膚病・炎症を起こす原因になります。
また、ブラッシングをする際、空気の乾燥で被毛など静電気がおこりやすいのでブラッシング前にブラッシングスプレーをすることで軽減できます。
 
☆ゴールデンレトリーバー
☆柴
☆ポメラニアン
 
ブラッシングをすることで、皮膚が健康になるのと見た目がきれいになり血行がよくなります。それに加え、ペットとのスキンシップにも繋がってきますので、ぜひみなさんもわんちゃん・ねこちゃんのお手入れをされてみてください。

 

【Back number】

グッズ・商品紹介グッズ・商品紹介

2019.10.27
2019.10.21
店休日のお知らせ
11月11日(月)、19日(火)は店休日となります。ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い致します。
2019.8.20
2019.5.13



友だち追加




キャンペーン

ポイントカードシステム

アーユルヴェーダアーユルヴェーダ



トリミングの流れトリミングの流れ

ペットコラムペットコラム

shampowanブログshampowanブログ

東福岡たぬま動物病院東福岡たぬま動物病院

シャポワンオウンドシャポワンオウンド