コラム

コラム

歯磨きをしましょう

愛犬・愛猫が末永く健康に暮らすためには、歯磨きが大切です。
愛犬・愛猫の口を開けて奥歯の裏までよく見てください。歯が黄ばんだり、茶色くなっていませんか?歯ぐきが赤かったり、口が臭かったりしませんか?

3歳以上の犬・猫の約8割は歯周病といわれており、これらが歯周病のサインなのです。重度の歯周病に進行すれば、さまざまな健康を害する危険性も高まります。健康は幸せの土台です。
大切な愛犬の健康のために毎日の歯磨きが必要です。

<歯磨きトレーニング>

1. 口に触られるとに慣らそう

まずは口元、顔から。少しずつ触る時間を長くしていきます。口元をめくり、前歯、歯肉、奥歯とタッチします。

【ポイント】
口元を触らせてくれたら、その度褒めてあげましょう。最初は短時間で切り上げ、終わったら散歩へ行ったり、オヤツを与えたり、”歯のお手入れをすると楽しいことがある”と思わせるのが効果的です。

2. ガーゼで歯をこすってみよう

前回と同じように、口元、顔から少しずつ触る時間を長くしていきます。
前歯、奥歯とタッチできたら、少しずつこすってみましょう。

【ポイント】
飼い主が身構えすぎたり、緊張しすぎると犬は不安になって逃げてしまうかもしれません。リラックスして「歯磨きするよ!」と声をかけ、上手にできたらその度に褒たりごほうびをあげて。「歯磨きをすると良いことがある」と教えれば苦手な子も徐々に受け入れてくれます。すぐにできなくても焦らず、歯磨き専用ガムなども取り入れながら少しずつ慣らしていきましょう。

3. 歯ブラシに慣らして歯を磨こう

まずはブラシの匂いをかがせたり、なめさせたりして、ブラシそのものに慣らします。
慣れてきたら口の中に入れてみます。最初は動かさず、口に入れただけで褒めてあげましょう。歯ブラシをかじってしまっても怒らないで。歯ブラシに慣れたら、実際に歯をみがきましょう。
前歯の外側から。ゆっくり優しくブラシを動かして。前歯を磨くのに慣れてきたら少しずつ奥の歯に移動。奥歯まで磨けるようになったら、歯の裏側を磨きます。

【ポイント】
体を無理に押さえたり、いきなり口にブラシを入れたりしないこと。例えばブラシに好みの缶詰の汁をつけて匂いをかがせたりしながら、根気よく慣れさせましょう。

歯の汚れは3日で歯石になるといわれているので、こまめにお家で歯磨きすることをオススメします。
当店でもオプションで歯磨きを行っております!ご希望の方、気になる方はお気軽にスタッフにお声掛け下さい。

【Back number】

犬・猫にとって危険な食べ物

犬・猫の涙やけについて

夏に増える皮膚トラブル

犬・猫のお手入れ

分離不安について

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ