ペットコラム

コラム

犬・猫の涙やけについて

◎涙やけとは?

涙やけとは目の周りが涙で濡れている状態が続き、被毛が赤褐色に変化することを言います。ではなぜ赤褐色に変色してしまうのでしょうか?

実は涙の成分はほとんど「水」でできています。つまり、涙自体に色を変色させる成分や機能があるわけではありません。

ではなぜ涙の出やすい子は涙やけになってしまうのでしょうか?

 

◎涙やけになる原因

涙やけになる主な原因は大きく分けて2つ

 

★紫外線による涙やけ

よく晴れた日はお散歩日和ですよね♪

ただそんな気持ちよくさせてくれる太陽の光に含まれる「紫外線」が被毛を変色させる原因と言われています。

 

★雑菌や細菌による涙やけ

涙が流れ、湿った目周辺の被毛は雑菌や細菌が好む環境です。

どんどん増殖し、この雑菌や細菌か被毛を変色させる原因とも言われています。

雑菌や細菌によって起こる被毛の変色は涙やけだけではありません。「口周り」「足先」「肛門・陰部周辺」にも起こりやすいです。

こう言った被毛の変色が出てきた場合は愛犬が自分で体を舐めたりしていないか確認してみて下さい。

舐める癖がつくとその舐めた部分が炎症を起こす事もありますので気をつけて見てあげましょう!

 

◎涙やけの改善

涙やけを改善するには涙の正常化が必要です。

今までの原因から考えれば涙の量を減らし被毛が乾燥した清潔な状態になれば涙やけにならないと言うことです!

 

◎涙が出やすい子の主な原因

★先天的な要因

外的な刺激(ホコリやアレルゲンなど)から目を守るため「涙腺」という所で涙が作られ、正常な状態だと外に涙が溢れ出る前に余分なものは「鼻涙管」などを通って鼻に抜けていきます。

しかし以下のような生まれつきの先天的要因で涙が外へと溢れ出てしまいます。

・涙の作られる量が多い
・鼻涙管などの「菅」が細すぎたり、途中で詰まりやすい
・ホコリなどに敏感
・アレルギーなどを持っている

これらの要因で涙の分泌量が過剰になったり、正常な涙の排出が出来ないことで外に溢れ出てしまいます。

 

★後天的な要因

後天的というのは生まれつき持っている体質ではなくて、日々の生活習慣が関係している場合です。特によく言われる要因は「フード」が関係していると言われます。

ドッグフードには「添加物」が多く含まれているフードも多くあります。この添加物が体内に蓄積すると皮膚トラブルを起こしたり、涙の通りである鼻涙管を詰まらせて涙やけの原因となります。そのためふーどの見直しが涙やけの改善に繋がるということです!

おやつにも添加物はよく入っていることがあるので注意してあげましょう!

 

◎最後に

これらを踏まえて涙やけがある子はフード・おやつを見直す、目周りを常に清潔に保つ(乾燥させる)ようにする事で涙やけの改善に繋がりますよ♪

【Back number】

夏に増える皮膚トラブル

犬・猫のお手入れ

分離不安について

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

犬・猫にとって危険な食べ物

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ