ペットコラム

コラム

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

  
お天気が良い日が続くと愛犬お出掛けする機会も増えますよね。
お出掛けすれば、汚れがちになりお家でシャンプーをしてあげることも少なくないと思います。
シャンプーはどのようなものを使っていますか?
犬用のシャンプーをご存知の方も多いと思いますが、人間用のシャンプーを使っている方も中にはいらっしゃるようです。

そこで、まずは皮膚の構造から、なぜペット用シャンプーを使ったほうがいいのか、また人間用シャンプーとペット用シャンプーの違いをご紹介します。

☆ペットと人間の皮膚の違いについて

そもそも犬と人間の皮膚は厚さが違います。
人の皮膚は厚く丈夫なものと言われていますが、犬の皮膚は人の1/3ほど厚さで人間の赤ちゃんの半分ほどといわれているほど、とてもデリケートだそうです。

また、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーの間隔も違い、人はおよそ28日周期とのことですが、犬の場合は20日周期で皮膚が新しくなっているようです。

さらに、全身が被毛で覆われており、人よりも体温も高く、湿度の高い場所などの条件が集まると、皮膚が蒸れやすくなり、汚れも付くと細菌が繁殖しやすくなるので、皮膚の感染症も人より多くの確率で発症するようです。

大きな違いは水素イオン濃度指数(pH)

pH(水素イオン濃度指数)つまり、水溶液の性質を表す単位のひとつですが、pHの数値が低いものは「酸性」、高いものは「アルカリ性」となります。

私たち人間の肌にもこのpHが関係しており、人間ではph5.0~6.5の弱酸性で、人間用のシャンプーは「弱酸性」に近づけるように作られています。
一方、犬の皮膚はph6.2~8.6と言われ、中性~弱アルカリ性となり、犬用のシャンプーはこれに合わせて皮膚や被毛の油脂を取りすぎないように作られています。

これが、人間用と犬用のシャンプーの違いです。

犬にとって人間用のシャンプーを使うと皮膚にとって刺激が強すぎる可能性があります。
安易に使用すると、皮膚病になってしまったり毛を傷ませてしまう原因にもなります。

犬は毛や皮膚についている皮脂で身体につく汚れを防いでいるので、シャンプーをしすぎてしまうと肌荒れがひどくなってしまうこともあります。
場合によっては、アレルギー反応が出てしまう可能性もあるので、私たちはオススメできません。

お散歩時の汚れが気になる場合は、絞ったタオルで身体を拭いてあげるだけでもかなり違います。
ホコリなどはブラッシングでも落ちますので、積極的にお手入れをしてあげましょう。

シャンプー選び

最近では、無香料のものや犬の皮膚に優しいタイプのシャンプーなどいろいろな種類のシャンプーがあります。
シャンプーを選ぶ際は、きちんと洗えるかそして、肌を痛めるような成分ではないかもチェックすべきです。

〇シャンプー後にかゆがったり、フケが多くでていたりするようであれば合っていない可能性が高いといえます。
肌の様子をチェックして、発疹が出ていたりかぶれていたりしないかも確認してみましょう。

〇シャンプー後には保湿剤をつけるのもオススメです☆
汚れの度合いによっては洗浄力が強めのシャンプーを使うこともひとつの手ですが、そのあとに乾燥してしまうこともあります。

当店でも取り扱いしていますが、(→グッズページPet coolの欄になります。https://www.shampowan.com/goods.html)スプレータイプの保湿剤をドライヤー前に使うだけでも効果的ですよ!
人間と同じようにお風呂の後は保湿ケアも心がけていただければと思います。


なかなか難しいシャンプー選び、香り洗い心地も重要ですが、愛犬との相性も大切です。
人間用のシャンプーが絶対にダメというわけではありませんが、皮膚の構造の違いからオススメはできません・・。
しかし、人間用のシャンプーを使っている方の中には、ペット用シャンプーの成分的に信用ができないという方もいらっしゃるようです。

当店でも、様々な種類のシャンプーをご用意しております。
使って初めて分かる事もあるので、商品説明や口コミだけで判断するのではなく、犬の毛質や肌のコンディションに合わせたシャンプーを使いましょうね!

 

『当店で取り扱っているシャンプーのご紹介』

薬用シャンプー

 

皮膚治療の一つとして使われている、薬用シャンプー療法。
乾燥によるフケ・皮膚のベタつき・痒みなどにはシャンプー療法が有効です。
当店では、獣医師おすすめの薬用シャンプーを各種取り揃えております。

 

こんなワンちゃんにおすすめ!

・皮膚治療中の子
・ベタつき、かさつきのひどい子

 

ローズピンクの香り

「花の女王」と呼ばれるバラの中でも、スイートで上質な香りのローズピンクの香り。深みのある香りがふわりと広がり心地よくシャンプーできます。 天然ヤシ由来の植物性洗浄成分を使用し、ソフトな弱酸性の泡で愛犬を優しく洗います。

 

ハーブの香り

100%天然植物性の低刺激アミノ酸系洗浄成分を使用してます。弱酸性の泡が汚れを落としペットの体を優しく洗い上げます。
トリートメントは、オリーブオイルや保湿成分の働きで、ペットの被毛に水分をたっぷり取り込み潤いを保ちます。18種類の天然ハーブエキスが、ペットにとって心地よいアロマ効果と、トリートメント効果を与えてくれます。

 

フルーツの香り

被毛の内部への保湿・補修効果と、キューティクルの補強 効果を発揮。ふんわり感を活かしつつ、柔らかな手触りと ツヤを実現します。

・最高級の保湿成分・ヒアルロン酸を配合
・化粧品にも使われている天然セラミドを配合
・白金(プラチナ)と銀による紫外線防止効果
・天然植物エキスによるキューティクル引き締め効果
・”疑似キューティクル”と呼ばれる補修成分を配合
・宮村氏オリジナルブレンドの爽やかなフレグランス

 

グリーンアップルの香り

コート成分配合で、ブラッシング時の被毛の絡みや毛玉を軽減し、 トリートメント効果が持続します。 

○緑茶エキスとエイジツエキスに含まれる消臭成分フラボノイドが気になるニオイを吸着し、軽減します。
○特殊PPT配合で被毛にハリ・コシ・ツヤボリューム感を与えます。
○優雅でさわやかなグリーンアップルの香り。

 

ラベンダーの香り

皮膚の状態に合わせて選べる、ナチュラルな低刺激性アミノ酸系ベースのシャンプーです。クリーミィでなめらかな泡が、皮膚・被毛を優しく洗い上げます。リラクゼーション効果の高いラベンダーオイル(精油)が優しく香ります。

<天然由来配合成分>
ラベンダーエキス ・アルテアエキス ・セイヨウシロヤナギエキス ・カイソウエキス ・マロニエエキス ・カミツレエキス ・ダイズエキス ・ビルベリーエキス ・ヒメフウロエキス ・緑茶エキス

【Back number】

犬・猫にとって危険な食べ物

犬・猫の涙やけについて

夏に増える皮膚トラブル

犬・猫のお手入れ

分離不安について

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ