コラム

コラム

ペットと静電気

秋もだんだん深まり、乾燥が気になる季節になってきました。
そんな季節に気になりだすのが、静電気です。

せっかくわんちゃん・ねこちゃんが仲良くしたいと寄ってくるのにパチッ!となったら、人はもちろんペットもビックリしてしまう可能性もありますよね。
実は毛が人よりも多いので静電気を発生しやすくなります。
乾燥する時期は人だけでなくペットも静電気対策を行いましょう。


ペットに対する悪影響は??

まず、第一にペットが静電気で驚いてしまうのもありますが、それよりも心配なのが静電気によって引き寄せられるハウスダストや花粉です。これは、アレルギー体質のわんちゃん・ねこちゃんは注意しなければアレルギー反応を起こしてしまう原因にもなります。
特に乾燥している季節は、皮膚のバリア機能が低下しやすいので要注意です。

☆わんちゃん・ねこちゃんの静電気を予防する方法☆

日常生活でも、少しの工夫で簡単に静電気を防ぐことができます。
簡単にできる静電気対策をご紹介します。

●お部屋の中の保湿
一般的に静電気が発生するのは温度25℃以下、湿度20%以下だそうです。
特に冬場は乾燥している上にヒーターやエアコンでさらに室内が乾燥するので、加湿器などがとても有効です。ぜひ活用して保湿を行いましょう。加湿器が用意できない場合は霧吹きなどでペットがビックリしない程度にシュッシュッとすると加湿器代わりになります。
また、静電気がひどい場合はお湯に浸したタオルを絞って体を拭いてあげるのも効果が期待できるそうです。


●カーペットやじゅうたんの除去
わんちゃん・ねこちゃんがカーペットの上などをゴロゴロする機会が多いパターンは撤去してしまうのが一番です。


●ハンドクリームを塗る
これは飼い主さん側になりますが、わんちゃん・ねこちゃんの体を触る前に飼い主さんがハンドクリームを塗っておくと静電気の予防につながるようです。


●ペットの服装に気を付ける
冬場になると、寒そうにしている子のためにお洋服を着せてあげる機会も増えると思いますが、フリースなどのポリエステル素材がペットの毛に対して静電気が発生しやすいので、できるだけ避けて静電気の起こりにくい素材の綿や羊毛の素材のものをチョイスするといいようです。
もし、フリースなどを着せてあげる場合はお洗濯の時に柔軟剤を使用すると、柔軟剤のリンス効果で静電気を抑えることができます。


●リンスやトリートメントをしっかり行う
ペットのシャンプーの後に、リンスやトリートメントをするもの効果的です。
シャンプーのみですと静電気が起こりやすいのですがリンス・トリートメントで電気を中和させてくれます。リンス効果で滑らかな被毛にすると摩擦も起りにくくなります。

静電気の発生する原因がちゃんとわかっていると、自然に避ける行動をとることができます。大切なわんちゃん・ねこちゃんを守るためにもしっかり対策をしていきましょう!

当店では、わんちゃん・ねこちゃんのための保湿として、オプションメニューでアーユルヴェーダハーブパックもございます♪
またハーブパックは保湿以外にも汚れ、ニオイをしっかり落とす効果もあり、とてもふんわり仕上がるので、オススメです☆
ぜひこの機会にお試しください♡

【Back number】

分離不安について

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

犬・猫にとって危険な食べ物

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

夏に増える皮膚トラブル

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ