コラム

コラム

犬の花粉症

犬の花粉症の症状

実は犬にも人間と同じように花粉症があります。正確には花粉アレルギーという診断になりますが似たようなものですね。人間の症状はくしゃみや鼻水、目の充血やかゆみ、皮膚炎などがありますが、犬の場合はくしゃみや鼻水などといった症状はなく目の周りやその他の皮膚炎の症状だけと言われています。
人間も花粉対策をするように大切な愛犬にも花粉対策をしてあげましょう♪

花粉対策

花粉対策もまた人と一緒で「花粉に触れない・持ち込まない」ことが基本になります。
・日本ではスギ花粉が2月~4月、時間帯だとお昼13時~15時、帰宅時17時~19時頃に花粉の飛沫量が多いと言われているそうです。できるだけその時間帯のお散歩を避けることをオススメします。
また犬は花粉が落ちている地面に近いところを歩きますので、草むらを避けるなど散歩のルート変更なども考えてみましょう。
 
・お洋服を着せてあげましょう
犬の毛に花粉がつかないようにするため、お出掛けの際は出来るだけお洋服を着せると良いでしょう。玄関でお洋服を脱がせることで家の中に花粉を持ち込ませない対策にもなります。花粉がつきにくい素材のお洋服もあるみたいなので、このような物を探してみてはいかがでしょうか?
 
・外から帰ってきたらブラッシングをしましょう
お散歩から帰宅したらできるだけ早く犬の体についた花粉を取り除くために、ブラッシングを習慣づけましょう。そのままブラッシングすると花粉が部屋に飛び散ってしまいますので、花粉を吸着するスプレーを毛にかけたうえでブラッシングすると良いでしょう。

・果物に注意!
花粉アレルギーのある犬は、果物や野菜に対してアレルギー反応を起こしやすい特徴があるそうです。
例としてリンゴ・ナシ・モモ・柿・サクランボ・バナナ・ピーマン・にんじん・梅・大豆・クルミ・アーモンド・・・など。
調べる限り身近な果物や野菜がNGとなっていました。花粉症の犬には果物・野菜を与えない方が良いのかもしれませんね。どうしてもという場合はかかりつけの病院で診てもらうことをオススメします☆彡

まとめ

人間も花粉症は辛いものですが、喋れない犬も辛い思いをしています。
愛犬の様子がおかしいなと気づいたらお早目に病院に連れて行ってあげましょう。
気持ちよくお散歩が出来るようにその子にあった対策をしてあげましょう♪

【Back number】

分離不安について

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

犬・猫にとって危険な食べ物

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

夏に増える皮膚トラブル

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ