コラム

コラム

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀


5月になり紫外線もだんだんと強くなってくる季節になりました。
日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、紫外線対策を始めた方も多いのではないでしょうか??

紫外線=悪いことばかり というイメージがあるかもしれませんが、人間も犬も太陽の光を浴びることは必須で、わんちゃん達にとっても紫外線に対するメリットとデメリットがあるようです。

——–まずはメリットを少し見てみましょう!——–

☆ビタミンDを生成

ビタミンDとはあまり聞きなれない言葉ですが、太陽の光に当たることで体内でビタミンDが生成されます。
このビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれるそうで、日光に長いことあたらないと、ビタミンDが不足してしまい、カルシウムの摂取量も下がってしまう恐れも。

☆皮膚病の予防

紫外線の中には殺菌効果も含まれているため、紫外線を浴びることで皮膚が殺菌され、皮膚病の予防にも♪ 

——–ではデメリットはなんでしょうか・・?——–

★熱中症やヤケドの原因に

お天気な日はわんちゃんをお外でたくさん遊ばせてあげたいところですが、夏場は特に日中の外で遊ばせるのは危険です。

熱いアスファルトの上を歩かせるのは火傷の原因でもあり、照り返しで熱中症を引き起こす可能性も。わんちゃんは人間よりも地面に近く、地面からの熱を受けやすいので特に注意が必要です。


★皮膚がんなどの病気を引き起こす原因にも

人と同じように大量に浴びすぎると皮膚がんにかかるリスクも高まり、紫外線もその一因です。さらに皮膚がん以外にも角膜炎や白内障になるのも紫外線の影響でもあるとのことで、わんちゃんもしっかり対策をしないと紫外線の影響はとても大きいようです。

夏場は短くサマーカットをする子もいますが、直射日光を浴びやすくなるので洋服を着せてカバーしてあげましょう。



☀わんちゃんのためにしてあげられる対策☀

まずはお散歩の時間を気を付けてあげましょう。紫外線の量が特に多い日中の時間はお散歩をさせないようにするのがベストです! 
ですが、紫外線が弱くなったからと言って、熱い時間帯にお散歩をするのはとても危険ですので、夕方涼しくなってからお散歩しましょう。

目が弱い子、目に疾患が疾患があるような子であれば、最近は犬用のサングラスやゴーグルなども販売されていますので、どうしても日差しが強い時に外出する必要がある場合はサングラスを活用してみるのもいいですね。


紫外線がもたらすことは良いことも悪いこともありますが、炎天下や紫外線が大量に降り注ぐ時間帯や季節は避けて、適度に太陽の光を浴びさせてあげましょう☀

【Back number】

夏に増える皮膚トラブル

犬・猫のお手入れ

分離不安について

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

犬・猫にとって危険な食べ物

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ