コラム

コラム

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

朝晩の冷え込みが増してきていて、冬がだんだん近づいてきているのを実感するようになってきていますね。
最近は気温が低いからといってノミ・ダ二の予防を怠ったりしていませんか??
確かにノミやダ二は気温が下がると活動性が低下するようです。しかし、活動性が低いだけで、年中いつでもわんちゃん・ねこちゃんに寄生するタイミングを待っています。

ノミやダ二の多くは草むらに潜んでいます。室内飼いだとはいえ、お散歩、お庭、ベランダなどでも寄生される可能性があります。その他にも、同居のわんちゃん・ねこちゃんでうつしあったり、人が持ち帰ってしまうこともあるので、決して油断はできません!!

またノミ・ダ二はさまざまな感染症を運びます。




例えばノミの場合・・
●瓜実条虫症
ノミの体内にはノミの体内には瓜実条虫の幼虫が入り込んでいることがあり、ノミをつぶしたりすることで犬・猫の体内に入り感染。下痢や体重減少などを引き起こします。

●猫引っかき病(バルトネラ症)
ノミが媒介するバルトネラ菌が、猫のツメや口腔内を経由し、猫に引っかかれたり、咬まれたりすることで人に感染。リンパ節の炎症や発熱を引き起こします。

ダ二の場合・・
●バベシア症
バベシア症の原因となる原虫を持っているマダニが犬を吸血した時に感染します。この原虫は犬の赤血球に感染し、ひどい貧血を引き起こします。一度感染すると完治することは難しく重篤な場合は死に至ることもあります。

●ライム病
ライム病はその原因菌であるボレリア菌を持っている野ネズミやシカ、野鳥の血を吸ったマダニが犬を刺すことで感染します。感染すると関節が腫れたり、足を地面に着けなかったり、発熱、神経過敏などの症状がみられます。
人の場合、皮膚症状のほか、リンパ節の腫れや筋肉痛、関節痛、時にインフルエンザの様な症状を伴うことがあります。

これらのように刺されるとその部位に皮膚炎が起こり、かゆみがあるのはもちろん、人にも感染する病気にかかることもあるので、注意が必要です。

レジャーなど、おでかけする機会が増える季節になりましたが、そのような時期こそ、わんちゃん・ねこちゃんのノミ・ダ二予防をしっかりと行いましょう!!

ノミ・ダ二の予防としてよく使われているのが首の後ろに垂らすスポットタイプが多いようです。その他にも飲み薬やスプレータイプなど予防・駆除のお薬がありますので、生活環境にあわせて選ぶのもいいでしょう。
ちなみによく市販されているものは医薬品ではなく効果もあまり期待できるものではないので、動物病院で処方されるお薬を使うことをおすすめします!

【Back number】

分離不安について

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

犬・猫にとって危険な食べ物

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

夏に増える皮膚トラブル

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ