コラム

コラム

犬・猫にとって危険な食べ物

犬・猫にとって毎日の食事は健康のためにとても大切なものです。出来るだけ好きなもの・喜ぶものを食べさせてあげたいですよね。

ご飯を食べている時に可愛くねだられると、ついついあげたくなってしまうと思います。しかし、食べ物の中には人間には無害でも動物にとってはとても有害なものも多くあります。

摂取量によっては死に至ってしまうものもありますので、代表的なものをご紹介します。

 

危険ランク:高

― ネギ類 ―
玉ねぎ・長ねぎ・ニラ等
症状:胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加
(犬よりも猫の方が危険度が高い)

― カカオ類 ―
チョコレート・ココア等
症状:不整脈不整拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐など

― 人間用の医薬品・サプリメント ―
(人間用に処方されたものを獣医師さんの許可なく与えるのはとても危険です)
症状:多岐にわたる。目に見えない症状もあるため、誤飲があった場合はすぐに獣医さんに相談してみましょう。

 

危険ランク:中

― カフェイン ―
お茶・コーヒー・コーラ等
これらは、犬猫共通で危険な食べ物です。
症状:多岐にわたる。目に見えない症状もあるため、誤飲があった場合はすぐに獣医さんに相談してみましょう。

― スルメ ―
スルメは胃で水分を含み膨張します。10倍以上に膨れる事もあるそうです。食道で詰まる恐れあり。
症状:胃腸障害、元気が無くなるなど

― 豚肉(生) ―
猫のみ体内でトキソプラズマが完全に成長します。
症状:寄生虫(トキソプラズマ)による体重減少、下痢、目の障害など様々です。感染しても症状のでない猫もいます。若い猫ほど危険が高いとされています。

― キノコ(野生のキノコ) ―
有害なキノコは無害なキノコの近くに生えるため、キノコの種類だけでは毒性の有無を見分ける事は出来ないそうです。
症状:肝臓、腎臓障害、重度の胃腸障害

 

危険ランク:低  ※食べ過ぎ注意の食材

― 消化に良くない物全般 ―
症状:消化不良、下痢 トウモロコシ、ナッツ類、こんにゃく など

― 生卵(生の白身の部分) ―
症状:下痢、皮膚炎、結膜炎
加熱すれば問題なし。

― レバー ―
症状:骨(脊髄)の変形。症状が進むと起きあがれなくなります。

この他にも、ニンニク・アルコール・ナッツ類・キシリトールなど、様々なものが例に挙げられます。
少しの摂取量でも、心拍増加や嘔吐や下痢、心臓や神経系の異常がみられる場合もあります。

また煮干しや鰹節などマグネシウムを多く含む食材で、人間用のものは動物にとって塩分がとても高いので与え過ぎには注意が必要です。

犬がキャットフードを食べ続けると栄養過多になり、
猫がドッグフードを食べ続けると栄養不足(特にタウリン不足)になるので、
犬と猫を一緒に飼われている方はこちらも注意しましょう。

大切なペットの健康のために、食事には十分に気を付けてあげましょう。

【Back number】

犬・猫にとって危険な食べ物

犬・猫の涙やけについて

夏に増える皮膚トラブル

犬・猫のお手入れ

分離不安について

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ