コラム

コラム

犬の体温調節について


犬は体温調節が苦手な動物です。人間は皮膚に汗腺があるため、汗をかくことで体温調節をすることができますが犬の皮膚には汗腺がありません。

汗をかかない代わりに口を開けて「ハアハア」と呼吸することによって体温を調節しています。自分で体温調節があまりできない犬のためにも特に暑さ対策には気を配ってあげましょう。

◎わんちゃんの暑さ対処法

・お散歩
 背の低い犬はアスファルトの道路から発せられる放射熱によって、気温以上に大きなダメージを受けます。
夏季のお散歩はできるだけ日中を避け、朝晩の涼しい時間帯に行いましょう。


・カット
暑くなると長毛のわんちゃん・ねこちゃんはバリカンなどでスッキリ短くして涼しくしてあげたい!と思う飼い主様も多いかと思います。
見た目は涼しいかと思いますが、実は被毛は体温調節する上で大事な役割をしていて、被毛の隙間に空気の層をいくつも作り、それが断熱材のようなものとなり、直射日光などの熱が皮膚に届かないように、被毛で自分の体を守っているようです。


●バリカンで丸刈りにすると・・・

暑い外気に皮膚がさらされて犬の体温はぐんぐん上がり、熱さ対策のはずのカットが、反対に熱中症になりやすくなってしまう場合もあります。
またカット前後でエアコンを同じ温度に設定していたら身体を冷やしたという話もあり、わんちゃん・ねこちゃんが被毛に頼って体温調節しているか分かります。


カット(バリカン)をすることで
 ・バリカン後、毛が生えてこなくなった。生え方にムラができた。
 ・毛づやや毛質が変わってしまった。など、トラブルがあることがあります。

これらは元々全身のカットが必要ない犬種(ダックス・チワワ・ポメラニアンなど)を
バリカンでカットした時、ごくたまに見られます。
ふわふわで柔らかい毛だったはずが、バリカンで毛質が変わりゴワゴワとした硬い毛になってしまうなど、後悔してももう生えてこないこともありえます。
毛を短くした場合は、お洋服などで調節するのも一つの手段です。

カットのカウンセリングの時にはこれらを踏まえた上で、トリマーさんとよく話し合って、それぞれのライフスタイルに合ったカットを決めていくと良いかもしれませんね。
わんちゃん・ねこちゃんが暑い夏も快適に過ごせるように、十分気を付けてあげましょう。

【Back number】

分離不安について

人用シャンプーと犬用シャンプーの違い

耳のチェックとケア

冬場の乾燥について

犬の寒さ対策

迷子対策はお済でしょうか??

犬と猫のルーツとは??

グルーミング・トリミングの必要性

犬・猫にとって危険な食べ物

愛犬・愛猫のワクチン接種について

犬との旅行を楽しむために大切なこと

どうして犬は食べるのが早いの?

夏場のフード管理について

犬と猫の愛情表現

ペット検診の重要性

2016年犬種・猫種人気ランキング♡

犬・猫の車酔い、原因・症状と対策

犬の花粉症

2015年 犬種・猫種人気ランキング

人だけじゃない!犬の紫外線対策☀

ペットの冬の管理

お散歩に行けない時のお家での犬との過ごし方について

ペットと静電気

犬の体温調節について

しっぽの動きについて

フードのチェックポイントと主原料

☆2017年犬種・猫種人気ランキング☆

夏に増える皮膚トラブル

フィラリア虫のライフサイクル

犬・猫の肥満について

シニア犬・猫との暮らし

歯磨きをしましょう

犬と猫が仲良く生活するには

ノミ・ダ二から愛犬・愛猫を守りましょう!!

犬・猫 体臭口臭予防

☆ブラッシングをしましょう♪

ネコのしぐさでわかる気持ち

犬・猫の熱中症について

フィラリア予防について

犬猫の歯磨きについて

避妊・去勢手術の重要性について

シャンプー療法について

犬・猫の寒さ対策について

ページトップ